24坪足らずの狭い敷地なのに窮屈さを感じさせない立体設計

高知では珍しい立体設計を取り入れたT様邸は、2階建てなのに3階建てのような広さを感じさせる。
キッチン&ダイニングから半階段上がるとリビング。見上げた先にはロフト。
さらに半階段上がると子ども部屋。将来、姉弟で部屋を仕切れるようになっている。
L型キッチンを採用。狭くても使い勝手が良く、奥さまも大満足♪横幅2mもある食器棚は大工さんの手作り♪
「数社で比較した結果、らんどめいどが一番収納が多かった」と、奥さま。この狭い敷地にこれだけの収納が取れるのは立体設計ならでは。

ナナメウエの家

DATA

  • 建築場所
    高知市一宮東町
    家族構成
    夫婦+子ども2人
  • 敷地面積
    81.05㎡(約24.51坪)
    建物面積
    80.09㎡(約24.21坪)
  • 1階床面積
    39.10㎡(約11.82坪)
    2階床面積
    40.99㎡(約12.39坪)

施工事例一覧に戻る

その他の施工事例OTHER WORKS