子どもの脳力開発ニュースレターvol.1

こんにちは🙋
事務の笹岡です。

急に寒くなりましたね😫😫
皆さま体調を崩されていませんか⁉

模様替えをする間もなく・・慌ててヒートテック・長袖をクローゼットから引っ張り出しました😥💦

さて今回も前回に引き続き、子どもの脳力開発に関わる記事をお送り致します🎶

子どもの脳力を開発する為に、子どもではなく、お父さん、お母さんが脳力開発の「知識」を持っていただくことで、子どもはぐんぐん賢く成長するのです!

お子様の「学力」を上げる効果的な方法とは?

小学校低学年の子どもを持つ親が家庭での学習にどのようにかかわっているかを調査した研究があります👩‍🏫

出典:Nakamuro,M.,Matsuoka,R.,&Inui,T.(2013).More time spent on television and video games,less time spent studying? RIETI Discussion Paper Series No.13-E-095

その調査結果により、次のことがわかっています。👇👇

⭕お手頃なものに効果はない。
⭕男の子なら父親が、女の子なら母親がかかわるとよい

お父さん、お母さんともに「勉強するように言う」ことはあまり効果がありません。
むしろ、お母さんが娘に対して「勉強するように言う」のは逆効果です。
「勉強するように言う」のは親としても簡単ですが、声かけの効果は低く、ときには逆効果🙅💦
エネルギーの無駄遣いなので、やめたほうがよいそうです。🤦

逆に、「勉強を見ている」または「勉強する時間を決めて守らせている」という、親が自分の時間を何らかの形で犠牲にせざるをいないような手間暇のかかる関わりというのは、かなり効果が高いことがわかっています。
男の子なら父親が、女の子なら母親が関わるとよいでしょう。
お父さん、お母さんともに時間が取れないなら、同居のおじいさん、おばあさん、お兄さん、お姉さんにご協力いただいてみてはいかがでしょうか?

そうなると、間取って重要ですよね
家族が集まるリビングで勉強をするこによって必然と脳力開発が出来ているわけです!👌