さまざまな土地形状に、Land Made SYSTEMは有効です。

らんどめいどの注文建築「ナナメウエのイエ」
04 面積から容積へ

住宅の価値をはかる基準に床面積(m²)がありますが、
空間には高さが関係していることをイメージしていますか?

新しく造成された分譲地や区画整理地のような「きれいな形の四角い土地」は決して多くはありません。都市部になるほど、住宅設計に頭を悩ます土地形状が増える傾向がありますが、そういうケースになるほどプランニング力を発揮するのが、Land Made SYSTEMなのです。

住宅の空間利用率を高め、土地を隅々まで有効活用するプランニング。

面積から容積への発想の転換により、
土地の制約を受けない空間づくりを確立。

住宅を床面積(m²)で考えるのではなく、容積(m³)で捉えて空間利用率を高めるのが「ナナメウ工」の着想です。
土地の制約を受けない縦発想の空間づくりにより、床下や小屋裏のスペースも活かしながらコンパク卜で機能性の高い空間を追究するため、たとえば、床面積22坪の家で容積は30坪の家を上回る空間を確保。建築コストの抑制にも貢献します。

土地を隅々まで有効活用することで、
その土地から生み出される利益を最大限に確保。

「ナナメウ工」の着想によるプランニングは建物を真上から見た時にも差が出ます。家の形はキレイな四角形が一般的ですが、Land Made SYSTEMでは凸凹のある多角形にも対応。
よって、土地の隅々まで有効に活用するととができます。一般的に敬遠されがちな土地形状でも柔軟に対応でき、その土地から生み出される利益を最大限に確保します。

土地とデッドスペースを有効活用した設計のイメージ(1階・2階・ロフト・蔵)

一般的に敬遠されがちな土地形状でも、
コストを考えれば、むしろ掘り出し物。

土地購入から家づくりを計画する場合、住宅建築にかけられる予算は土地の価格に大きく左右されます。「きれいな形の四角い土地」は希少物件で高価なのに比べ、狭小地や変形地は物件数が多く、しかも価格がリーズナブル。浮いた予算を建築コストにまわしたり、家具購入にまわすことができるため、Land Made SYSTEMにおいてはまさに掘り出し物なのです。